ライブハウス オクトパス〈 Octopus 〉広島

オクトパスは広島市佐伯区五日市のコイン通りにあるジャストサイズのライブハウスです。

広島市佐伯区五日市4丁目18-18 清水プラザビル3F

09月

出演者募集: One Coin Street Live

オクトパスが10月限定で行う入場チケット無し、店内でワンドリンクオーダーのみのライブ・イベント開催決定!

one coin street

 

● 近々ライブが他店であるが、場慣れの意味でお客さんの前で演奏をしたい。

● とにかくライブハウスのステージに立ってみたい。

● チケットノルマのあるライブはまだまだ不安で…..

そんなアーティストさんから、他店でライブ経験豊かなバンドさんまで、ジャンル不問! コピーバンドOK!

アコギの弾き語りや、ピアノの弾き語り、クラシックのカルテットでもなんでも。

とにかくオクトパスのステージを体感・体験して頂くライブです。

ライブ当日のイメージ(仮)

17:00 会場入り サウンドチェック 15分/1バンド

19:00 店内準備

19:30 客入れ

20:00 アーティスト① スタート

20:30 終了 転換

20:45 アーティスト② スタート

21:15 終了転換

21:30 アーティスト③ スタート

22:00 終了

学生さんなどで17時のサウンドチェックに間に合わない場合は転換時間で軽くサウンドチェックして本番でもOK!!

その場合は一度、オクトパスでスタジオ練習をして頂き、セッティングやサウンドを当店スタッフが予習させて頂けるとスムーズです。

こちらの参加条件はとくに難しいことはありませんが、一応以下に記載しておきます。

◎ 当店で初めてライブをする方に限ります。

◎ チケットノルマはありませんが、努力目標として15名以上の集客を頑張ってください。

◎ アンプなどの機材持ち込みやドラムキットの組み換えなど転換時間を取るセッティングは不可とします。

◎ ライブの様子を撮影し、SNSやブログで発信し当店のプロモーションで利用させて頂きます。

出演希望の場合はこちらをクリックしてお問い合わせページより以下の内容を送信してください。

【One Coin Street Live出演希望】

出演希望日・アーティスト名・代表者氏名・携帯電話・アーティストプロフィール・ホームページやフェイスブックがあればアドレス

質問があれば遠慮なく書いて送信してください。

11月12日(火) ZENMAI(名古屋) / deneb(広島) / 南風とクジラ(広島)

11月12日(火)
OPEN 19:00 / START 19:30

座席指定なし(オールスタンディング予定)

前売り1,500円(ワンドリンク500円別途)
当日券2,000円(ワンドリンク500円別途)


 

ZENMAI(from 名古屋)

zenmai

現代ミュージックシーンをねじり切る “POP ROCK のスーパールーキー “『ZENMAI』 AMERICAN POPS を基調に ROCK FUNK R&B を融合させ多彩な POP ROCK を展開。 VOCAL SHUKICHI が繰り出す今風だけどどこか懐かしいメロディー、AMERICAN ROCK を思わす様なジャギジャギな エレキギターのコードワーク、迫力があり、ゴスペルかと思わせてしまうとてつもなくキレイな3声のコーラスワーク に加え、若年層に向けた、分かりやすくメッセージ性の強いストレートな歌詞にリンクした大胆なパフォーマンス等で 高校生、大学生を中心に人気を博している。 2013年11月5日に今池 BOTTOM LINE にて行われるメジャーデビューを控えたアマチュア最後の リリースワンマンライブ、冬に ZENMAI 初の映画出演、挿入歌も決まって 今名古屋で最も油が乗っているバンド『ZENMAI』。今後が見逃せない、一押しアーティストである。

http://www.zenmai55.com/index.html


 

deneb(from 広島)

deneb(デネブ)

橘新二の中にある「おもちゃ箱をひっくり返したようなメロディ」を、多彩なリズム&色彩豊かな旋律で奏でるメンバー。 bubblesの暖かく見守るような真っ直ぐな歌詞が、橘の生み出す耳に残る奥ゆかしい主旋律に絡む。 バンドという形式に捉われず、ひとりで弾き語り、コーラス入り弾き語り、打楽器入りアコースティック部隊…と、どんな形態にでも変身して駆けつける”戦隊モノのヒーロー”のようなバンドである。 大胆であり縫うように入る繊細なギターは、橘のおもちゃ箱を遊園地に変えてしまう魔法。メロディのジェットコースターに乗るようなベース。夢の国で遊ぶ人間の感情を表すようなドラム。パーカッションで飛び跳ねる音符たち。

http://www.deneb-music.net/


 

南風とクジラ (from 広島)

南風とクジラ

ロックンロール集団 ギター&ボーカルの「みとう 」ベース「はっとり」ドラム「はるな 」の3人で 広島を拠点に活動中。 エッジの効いた楽曲とは裏腹に全メンバーが癒しのオーラを放っている。日本最大規模の音楽コンテスト&音楽オーディション第7回目となるMusic Revolutionの西日本FINALに出場する期待のレディスバンド!

ZENMAI Live Circuit 2013の11/12広島会場が当店に決定

キャッチー且つ大胆に攻め、あらゆる要素、ジャンルを取り入れたマルチなBand Soundと、Vo,ShukichiのClean Voice に加え、3声の柔らかく美しいコーラスが織り交ぜるハーモニーが魅力的。

名古屋発!! キラキラPOPなsoulmusicバンド『ZENMAI』のレコ発ツアー『ZENMAI Live Circuit 2013』の11/12広島会場が当店に決定しました。

詳細はComing Soon

http://www.zenmai55.com/index.html

営業のお知らせ

ライブハウス オクトパス

9月21日(土)は臨時休業

9月22日(日) セッションナイトを開催します。 夕方まででしたらホール見学、練習スタジオ予約可能

9月23日(月・祝) 夕方まで臨時休業します。夕方6時以降は日曜日までにご予約があればホール見学、練習スタジオ可能です。

メールでのお問い合わせについては休業日は多少お時間を頂きますが、お返事をいたしますので、遠慮なく送信してください。

よろしくお願いします。

9/22(sun) 第一回 オクトパス セッションNIGHT

突然ですが、今週の日曜日9月22日に第一回セッションNIGHTを開催します。

IMG_1156
写真はイメージです。

9月22日(日)

オープン18:30
スタート19:00
終了 22:00

参加無料

入場後にワンドリンクは必ず注文してください。(ドリンク・食品などの持ち込み不可)
ぜひ末永く企画を続けるためにバー営業の売上にご協力くださいm(__)m

基本的にゆる〜くやります。

スタート時間から遅れて来てもOKです。

告知期間もないので、メンバーが集まらないかもしれません。

オーナーの西本とふたりきりになる可能性もあります(^_^;)

二人いればセッションはできるので、そんなノリでやります。

オーナーはバー営業しながらの、演奏したり取りまとめしたりするので、そういうバタバタ感を暖かく見守れる方のみご参加ください。

バンドで乗り込んできて、練習成果を発表されるとかはセッションではないのでNGです。

また他のメンバーが不快になるような酒癖の悪い人も予めNGとします。

初心者の方が参加していても、そういう方こそみんなが暖かくサポートしようという気持ちを持っている方のみです。

一応、貸せるベースやギターはありますし、キーボードもドラムも使ってください。
ボーカルも練習スタジオ仕様のセッティングで音出します。
PAを通した本格的な音響ではないので、よろしくです。

出来たら話のネタにもなるので、ギターやベースは自分のを持ってきてね。
あとスティックも自分のを持ってきましょう。

出来たらやりたい曲があったら簡単にコード譜を3枚くらいコピーして持ってきてもらえると楽しめるかな。

ということで、何もなくバー営業をスタートするのも、うちらしくないので日曜日の夕方という微妙な日程をあえて選んでスタートします。

よろしくお願いします。

バーチャル施設案内~ ホール編 ~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回はホールの下見が出来ない遠方の方のためにバーチャル施設案内をしたいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ギターアンプはMarshall     JCM2000 TSL、トシ・ヒケタ(デビッド・リー・ロスバンド)から寄贈されたEGNATER     TOL 50、そして定番のRoland JC-120は写真以外にもう一台のストックがあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ベースアンプはHARTKE HA5500、HARTKE     AK410 10″ x 4、AK115 15″ x 1。

ハードロックからフュージョンなど幅広く使えて扱いやすいベーアンです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エレピはRoland RD-700 SXなので、幅広いジャンルに対応出来ます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ドラムキットはddrum     Dios seriesです。ddrumは日本では馴染みの薄いメーカーですが、ドラムトリガーでは最もメジャーなブランドです。ドラムトリガーを使っているアーティストというとJOEY JORDISON (Slipknot)やTOMMY LEE (Mötley Crüe)など大物が愛用しています。

http://www.applecorejapan.com/ddrum/index.html

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実はこのドラムは1990年代以降のメタルにおけるパイオニアの一つとして数えられるモンスターメタルバンドの“KoRn”のドラマーである“レイ・ルジアー”氏が、オーナーの西本とリズムセクションを組んでいたという友情で寄贈して頂いたというエピソードがあります。

292643_10151717532125127_1210207692_n

現在の彼のセットはPearlの凄まじいキットです。

ddrum-AcousticDrumsandElectronicDru

こちらが彼がddrum時代のポスターです。
このドラムはキットは見た目は派手ですが、サイズはレギューラーな感じです。
ベードラが通常よりも長いのが特徴です。キットの詳細は機材リストへ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

モニターもこのサイズの箱では十分すぎるサイズが各プレイヤー用に配置されています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ステージは奥行きがあり、アンプ裏にローディーがスタンバイしておくことも可能です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

壁面はリアルウッドですが、床はウッド調のクッションなので、素足で立っていただくことも出来ます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ドラムキットから見た客席の雰囲気です。
こちらはバーカウンター付近のみ椅子を配置し、ホールはスタンディングの状態にしています。

ホールはスタンディングでの推奨は70名です。

頑張れば80名は入りますが、夏場などは特に快適ではありませんので、当店ではオススメはしません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ステージの上手から客席を見た図です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下手側です。壁面にテーブルがあります。興行の内容に合わせて椅子とテーブルを全部撤去することも可能です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

PA席から見た図です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

通常時のゆったりと席を並べた状態です。約25席となります。

当店では25名ほどの集客でも採算がとれるホールレンタルシステムですので、集客数だけを求めずに興行を打って頂けます。

椅子とテーブルを追加して座席で40席程度にセッティングすることも可能です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テーブルなしの椅子のみで約50席です。

楽器クリニックや講演会などでもご利用頂けます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

明るい雰囲気にも出来ますので、トークショーや楽器をすべて外して演劇公演にも使えるでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ステージ前にはスクリーンもあるので、ビデオ映像を流すことやコンピュータからスライドを流すことなども可能です。

転換時に映像を流して場を繋ぐことも可能です。

ただし、当店は客席を通って入場するスタイルですので、その点はご了承ください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バーカウンターもあるので、お酒やドリンクを楽しんで頂けます。

御覧頂いたようにオクトパスは従来のライブハウス然とした雰囲気ではありませんし、かと言ってジャズクラブのような学生さんが入店しにくいという硬い雰囲気でもありません。

ジャンルは幅広く対応できますし、エレクトリックのライブに拘らずクラシック系の生演奏や、講演会、漫才ショーや演劇など色々な可能性があると思います。

決して広いホールではありませんが、逆にワンマンライブを打って頂く場合にリスクが低いとも言えますし、レンタル料もリーズナブルに設定しております。

ちなみに平日の8時間ホールレンタルで5万円ですので、2000円のチケットなら25枚の販売でレンタル料はペイできます。

この集客目標なら、ワンマンでもリスクは低いですし、2アーティストで企画すれば、プラスαの利益も出しやすいレンタル料金です。

このような設備になっているので、持ち込み企画大歓迎です。

ホールレンタルの詳細はここをクリックして御覧ください。

またこの設備を使ってスタジオ練習も可能です。

1500円/1h~のリーズナブルなレンタル料金も売りですので、ぜひレンタルもよろしくお願い致します。詳しくはここをクリック

次回は楽屋編をお届けします。

メインの看板の取り付け完了

ライブハウス オクトパスには顔がありませんでした。
そうです。

ステージに店の看板がなかったのです。

なぜ、こんなに遅くなったかというと、看板の鉄板をサビさせるていたから(^^)

IMG_1010

もともとはシルバーの鉄板でしたが、最近の鉄板は防錆加工しているので、結構たいへんでした。

一枚目は思いっきり防錆加工済みだったので、表面をサンダーで削って、サンポール(塩酸)を掛けてサビさせやすくしたのですが、なかなか錆びない。

そこでもう一枚錆びやすい鉄板を入手して、同様にサンポールを掛けて駐車場に投げっぱなしで一週間。

たまたま大雨の時期が重なり、いい感じに両方ともサビて来ました。

そしてこの鉄板を看板職人さんへ。

オクトパスの看板は全てレフティ・アート(0829-30-7003) 代表取締役の中植 さんことヒデオン君に依頼しています。
ブログのアーカイブはここをクリック  クリック

広島の方はぜひこの看板屋さんは素晴らしいので依頼してみてはどうですか!

526345_401515503305111_416516439_n

そして錆びた鉄板に手書きで書いてもらいました。

昔は看板屋さんはプリンターとかカッティングシートなどないので全て手書きでした。
その当時の雰囲気を出したいので、職人様に書いていただいたのです。

1176162_203668553143971_1578294433_n

位置決めをします。

1234284_203668626477297_412874761_n

壁にべったりと取り付けて、照明をつけてみると……

なんとテカってしまって肝心のロゴが見えない….(*_*;

1240573_203668679810625_830391352_n

正直、黒で書いたことが失敗したかと後悔しましたが、看板職人の中植さんの奥様から傾斜して取り付けたらとのアドバイスを頂き、問題は解決!!

581843_203668719810621_302136699_n

角度をつけて取り付けて

1235363_203668756477284_1775893029_n

取り付け完成!!

やっと顔がつきました。

575252_595375057194579_46338695_n

レフティ・アート(0829-30-7003) 代表取締役の中植 さんことヒデオン君とご家族で記念撮影(^^)v

ヒデオンくんも奥様もバンドマンなのでオクトパスでライブをしてくれる日が楽しみです(^O^)

オクトパスの開店プロジェクトは本当に多くの方のサポートを得ていますが、僕はライブハウスに命を吹き込むために、音楽によって縁がつながった方達にお仕事を依頼しています。

うちの全てのものや設備にドラマがあり、命が吹き込まれています。

今日(厳密には昨日)やっと、オクトパスに顔がついて、命が吹き込まれました。

このオクトパスのデザインは「リンダ」さんことマスコ マリさんです。

スクリーンショット 2013-09-15 0.59

https://www.facebook.com/masukomari

彼女は広島の伝説的なバンド“バンブーボルテージ”のボーカルで、現在はグラフィックデザイナーです。

ロゴはこの店を開業するずーと前から彼女に何か依頼したいと思い続けていたので、本当にデザインしてもらったことに感謝しているし、彼女のデザインでうちの店のイメージが決定づけられたと思っています。

今日は本当に静かな一日でありつつ、感無量の一日でした。

本日はこのへんで….m(__)m

初めてライブハウスに出ようと悩んでいるアーティストさんへ

本日は初めてライブに出演したいと思っているアーティストさんへ出演までの手順を紹介します。

まず初めてのライブで演奏時間も45分程度と思われている場合はオクトパス主催のブッキングライブをオススメします。

ブッキングライブというのは、イベントの骨組みはオクトパスが運営し、出演するアーティストさんは規定枚数のチケットを販売することでライブに出演出来ます。

難しい契約やその他面倒な手続などもありません。

IMG_1130

ライブに出演する手順です。

① オクトパスにアーティスト情報のわかる資料を持参かメール添付または郵送で送ってください。

  • 音源または映像(ユーチュブの映像やスマホで録音した音源で結構です。)
  • プロフィール(バンド名・プロフィール・写真・活動状況、連絡先など)

② オクトパスが音源やプロフィールを審査いたします。
  審査が通過したら、こちらから連絡いたします。
  オクトパスのアーティスト・バンクに登録します。(登録料やその他、契約など面倒な手続きは一切ありません。)

③ オクトパスがイベントを企画した際に、イベントの趣旨に合わせたアーティストにこちらから声を掛けさせて頂きます。

④ オクトパスが打診した日程やチケット値段やノルマ(必ず売らなければならない枚数)を確認して納得したら、出演決定です。

⑤ オクトパスにご来店頂き、正式に出演の手続きを取ります。

⑥ お渡しするチケットをノルマ分は最低販売してください。ノルマ以上の売上は100%アーティストの取り分です。

⑦ ライブ本番

 

本当に簡単です。

ちなみにチケット料金やノルマの目安を説明します。

例: 平日で3バンドの場合

1バンド持ち時間 60分 転換込みなので実質演奏時間は45分程度です。
サウンドチェックはたっぷり30分
チケットノルマ 1,500円の場合は1バンド12枚

上記は目安なので、日程やチケット価格やバンド数、諸条件により多少変動する場合はあります。
契約後に辞退される場合はノルマ分の買取となります。

当店の企画ライブは3バンド〜多くて4バンドで企画します。

6も7バンドも出るライブでは楽屋はカオス状態でしょうし、実際にお客様は全てのバンドはみておらず、出演時間だけ見て帰るという状態が散見されます。

当店が企画するイベントはアーティストのサウンドを第一に考えたバンド数でプロの興行と全く同じスタンスでしっかりとサウンドチェックも行うライブとなります。

ぜひ初めてライブをするからこそ、しっかりとした体制でサウンドチェックをし、ゆったりと楽屋を使えてライブに集中出来る当オクトバスにまずはアーティスト情報を持って相談に来てください。

お待ちしています。

オクトパス ブッキング係
〒731-5127
広島県広島市佐伯区五日市4丁目18−18 清水プラザ 3階
E-mail. info@rootwest.com
担当者 西本圭介

トシ・ヒケタ ギタークリニック決定しました。

スケジュールで先行公開しましたが 10月27日(日): Guitar Tornado Presents トシ・ヒケタ ギタークリニックが決定しました。

トシ引田ギタークリニック

トシとは私、西本圭介が音楽学校の学生時代に出会い、彼とバンドを結成し、たくさんのライブをやって来ました。

その後、彼は渡米し伝説的バンド“ヴァン・ヘイレン”のフロントマン“デビット・リー・ロス”のバンドに加入しました。

僕は高校生の頃にすでにベースを初めていましたが、デビットリーロスバンドの“Eat ‘Em And Smile”という歴史的名盤で度肝を抜かれ、現在オクトパスでPAの総監督を務めているタイショウこと山崎君とやっていたバンドでコピーもしていました。

そんな当時のロックキッズの憧れの神様のようなデビットリーロスバンドに彼が加入するとは!!

日本人がアメリカに渡米してプロギタリストとして成形を立てるだけでも困難な中で、名門のハリウッドMIの講師に就任し、日本人としてデビットリーロスバンドに加入。レコーディングやビデオ、ワールドツアーに参加したことは歴史的偉業であると僕は思います。

トシ ヒケタ デビットリーロス

ハードロック以外のジャズやクラシックなどでは日本人が活躍しているフィールドはありますが、純粋なプレイヤーとして日本人がアメリカのロックレジェンドにロックギタリストとして認められるというのは過去に例がありません。

彼の功績は日本人がロックのフィールドで活躍できる扉を開けたことです。

t02200165_0800060012235535839

この快挙は野球でいうイチローなどと同じようなサクセスストーリーなのです。

その後、デビットリーロスバンドでメンバーでもあり現在KoRnのドラマーであるレイ・ルジアーと元メガデスのジェイムズ・ロメンゾと共にインスト・メタル・バンド「Hideous Sun Demons」で全米デビューし欧米で高い評価を得ました。

The Hideous Sun Demons

この「Hideous Sun Demons」はベーシストのジェイムズ・ロメンゾがメガデスに加入し多忙だったため、サポートベーシストをビリー・シーン、ジョン・ディサルヴォ(BLACK LABEL SOCIETY、リッチー・コッツェン)、などが努めるスーパーグループでした。この「Hideous Sun Demons」のジャパン・ツアーで私、西本がベーシストを勤めていました。

現在は「ミッキー吉野ニューグループ」や「TRI HORN BUFFALO」「ザ・バッドアセッズ」「Geomagnetic Storm」などジャンルにとらわれない幅広い活動をしています。

昨年6月には彼がプロデューサーとなり大阪アメリカ村でGuitar Tornado / ギター・トルネードが開催されました。

http://guitartornado.jimdo.com/

このイベントはライブの他にギタークリニックや楽器展示等、あらゆる角度からギターの魅力を味わいつくすイベントとして大成功を収め、明日のスーパーギタリストを目指す若手にもチャンスを提供した画期的なイベントでした。

今回オクトパスで開催するギタークリニックはGuitar Tornado / ギター・トルネードとのタイアップで行われます。

まだ詳細は書けませんが、僕の思いは広島のオクトパスから素晴らしいミュージシャンを輩出することです。

広島にはたくさんの素晴らしいミュージシャンがいます。

広島出身のミュージシャンが大先輩方にたくさんいます。

広島はミュージシャンが育つ最高の環境ですが、隠れた逸材と業界のパイプの役割になりたいと常に思っています。

今回はギタークリニックという名前ですが、広島の若手で頑張っていると思っているバンドマンはぜひ顔を出してほしい。

もしもプロを目指しているのであれば、PCの前に向かってギター練習していたり、スタジオにこもって練習することよりも、トッププロの音を聞き、助言に耳を貸すことです。

またオクトパスではこの環境を使って、終演後にはミート&グリート(Meet & Greet)も開催したいのです。

ミート&グリート(Meet & Greet)というのは握手や写真撮影、またサインをもらえるファンセッションのことですが、そういう時にデモ音源を渡してみるとか、色々な可能性があります。

詳細は後日発表しますが、まずは予定を押さえてください。

よろしくお願いいたします。

http://blog.livedoor.jp/toshihiketa/

https://www.facebook.com/toshi.hiketa

オクトパスの機材リストを公開しました。

本日はオクトパスの機材リストを作成したので公開いたします。

ライブを企画される場合の参考にしてください。

ホールレンタルやブッキング等ついてはこちらをクリック

練習スタジオ使用はこちらをクリック

PA Equipment
Main Speaker System Electro-Voice ZX3-60 4
JBL SRX718S 2
Main Power Amplifier Amcron XTi4002 1
XLS2500 1
Monitor Speaker Electro-Voice TX1122FM 4
ZX1-90B 2
Monitor Power Amplifier Amcron XLS2500 2
CE2000 1
Console Soundcraft Si Expression 2 1
Microphone SHURE SM58-LCE 5
SM58-SE 1
SM57-LCE 5
BETA56A 5
BETA52A 1
PG81 4
SENNHEISER e609S 2
Directbox COUNTRYMAN TYPE10 2
ART dPDB 1
Microphone Stand K&M ST-210/2B 8
ST-259B 12
Lighting Equipment
Consoles ELATION SCENESETTER48 1
Intelligent LT AMERICAN DJ MEGA QA PAR38 11
MEGA TRIPAR PROFILE 6
PAR Light STAGE EVOLUTION PAR56SBG 300W 4
Dimmer LITEPUTER DX-402A 1
Instrument Equipment
Drum Kit ddrum Dios series
Bass Drum 22″ x 20″ 1
Rack Toms 10″ x 7″ 1
Rack Toms 12″ x 8″ 1
Floor Toms 14″ x 13″ 1
Floor Toms 16″ x 14″ 1
Pearl Sensitone Elite ”Classic”
Snare Drum 14″ x 5.75″ 1
SABIAN AAX Series
AAX-14TRH 1
AAX-14BRH 1
AAX-16RC 1
AAX-18RC 1
AAX-20RR 1
Bass Amplifier HARTKE HA5500 1
AK410 10″ x 4 1
AK115 15″ x 1 1
Phil Jones Double Four 1
Guitar Amplifier Marshall JCM2000 TSL 1
1960AV 1
EGNATER TOL 50 1
Roland JC-120 2
Electronic Keyboard Roland RD-700 SX 1
Last Update 09/01/2013

PDFファイルはここをクリック