Q、年齢制限はありますか?

現在の受講生は小学年から60代の方まで幅広いです。小さなお子様には通常の大きさのベースは厳しいですが、子供さん用の貸し出しベースもあるので、ベースなしでの来校もOKです。

Q、車での来校は可能ですか?

広島教室には無料駐車場があります。名古屋教室は駐車場はございませんが、栄または伏見駅から徒歩5分で大変立地が良いです。

Q、学生なのですが、広島教室にアクセスしにくいです。

広島教室は宮内串戸駅からの無料送迎を行っています。遠慮なくお問い合わせください。

Q、予約回数によるディスカウントとはどういうことですか?

まず基本設定としてレッスンは1回60分で5,000円です。例えば7月 14日 (金)に受講された方が一ヶ月後の8/14までに今回分を入れて3回受講が可能で予約されますと、3回分を一括12,000円で前払いいただくシステムです。また一日に2時間、3時間の長時間レッスンの場合も適用されます。

Q、なぜ大手チェーン店の音楽教室より、リーズナブルな料金でレッスンを開講しているのですか?

まず開講場所が自宅ということもありスタジオ使用料金を含めてリーズナブルに設定することができています。また広報費も掛かっていませんので、大手教室様のようにレッスン料金に多くの経費が上乗せされることはありません。

Q、なぜ1時間のレッスンですか?  30分にして半額で受講できないでしょうか?

長年の教育経験から30分のレッスンは相当レベルが高い方に対しては機能する場合がありますが、初心者やそれに近い方の場合はレッスンが開始して緊張がほぐれた頃に丁度終了してしまう長さだと分かりました。従って30分レッスンはお受けしていません。

Q、全国チェーンの教室でレッスンの頻度変更や一時お休みは簡単にできないと聞きましたが、ここは出来ますか?

当校は入会の申込みや手続きなどなくメール一本でスタートできます。一回限りのレッスンもOKです。また当校は月単位での予約ではありませんので、受講の際に予約回数などを相談しています。夏休みを取りたい、長期出張で一時休憩したいなど、臨機応変に対応します。

Q、完全なアマチュア志向の初心者ですが、レベルが高過ぎないか心配です。

誰でも最初は初心者ですし、そもそもプロを目指してベースを練習するという思考自体はあまり健全でないと思います。好きが高じて、気がついたらプロになっていたというのが本来の自然な姿です。もともと上手な人を教えることは未熟な講師でも可能ですが、初心者を教えることのほうが経験値が必要です。その点は私は長年の教育経験がありますので、心配しないでください。

Q、以前行った教室でピック弾きを否定されました。ピック弾きを習いたいのですが、大丈夫ですか?

私は指弾きが得意だと認知されていますが、実はピック弾きがメインのプレイヤーです。ギタリストの世界でピック弾きのカリスマである「超絶ギタリスト養成ギプス」の著者ケリーサイモン氏と長年バンドを共にしていたことから、ベーシストでありながら超絶ギタリスト並みのピッキングテクニックを要求されました。残念ながらベースの世界には良いピック弾きの教材がありません。ピック弾きを極めたい方はぜひ受講してくてください。また元々エレキベースというのは、ギタリストが簡単にベースを弾けるように開発された経緯があり、本来はピック弾きを念頭に設計された楽器です。決してピック弾きは邪道ではありません。自信を持ってピック弾きを極めてください。

Q、仕事の後にレッスンに直行したい為にベースを持参できません。大丈夫ですか?

問題ありません。無料の貸し出し用ベースもありますし、予備のベースをお持ちの方は当方でお預かりしておくことも可能です。

Q、仕事の関係で予約を入れたがキャンセルをするケースも考えられるので、受講を躊躇しています。

逆に私のほうから仕事やライブとダブルブッキングした場合にはレッスンをキャンセルさせていただくケースもありますので、あまり心配しないでください。当日のドタキャンでなければ、いつでも予約日の変更やキャンセルは可能です。基本的に当日ドタキャン以外ではキャンセル料は頂きません。

Q、昼間、仕事をしているのですが夜遅い時間でも可能ですか?

可能です。夜の部は10時まで開講しています。場合によっては10時以降でも相談に乗ります。遠慮なくお問い合わせください。

Q、どんなジャンルを教えているのですか?

特定のジャンルを教えるわけでなく、ベース基礎技術からテクニック全般を教えています。例えば、野球、サッカー、空手、色々なスポーツや武道がありますが、共通する基礎体力づくりや体の柔軟性を養うトレーニングは共通です。幅広いテクニックを持っていない人はジャンルを吸収する力も弱く効率的でありません。レッスン生がどんなジャンルに進んでも困らないような柔軟性のあるテクニックをまずは教えています。

Q、録音や録画をしてもいいですか?

問題ありません。レッスン時間はレッスン生さんの物ですから、遠慮なく録音や録画してください。ただし利用は自分の復習用のみとし、インターネットで公開したり、他人に見せたり譲渡することはできません。

Q、料金の支払方法は?

現金払いのみとなります。大手の楽器店などが取り入れているクレジットカード登録システムではありません。

Q、バンドのアンサンブル指導を依頼できますか?

長年音楽学校のディレクターをしているので、アンサンブル指導はもっとも得意な分野です。私がOWNERのライブハウス オクトパスで通常の練習スタジオ使用をして頂ければ無料でプチ・クリニックを行います。しっかりとした長時間クリニックは別途料金を頂きます。

Q、YouTubeやネットで無料映像や教材が得られる昨今で対面レッスンを受けるメリットは?

私のレッスンを受けた人がまず驚くのは、レッスン生さんの楽器を私が弾いたときの音の違いです。全く同じセッティングで同じフレーズを弾いても全く違う音質に驚かれます。これが非常に重要なポイントです。他人のフレーズをコピーすることや音符をただ速く弾くだけなら誰でもできますが、それが現場で使える音質なのか、テクニックなのかは実際に比べてみないとディスプレイでみる映像からは分からない事が多いものです。またタブ譜に書いているフレーズは雑誌やネットでも勉強できるかもしれませんが、自分がベースラインを創造する方法と思考回路を開発することは、人のフレーズのコピーをしているだけでは駄目です。ネットミュージシャンという言葉が出てきた昨今。YouTubeで見た独奏は凄く上手だけど、バンドアンサンブルが全くできない人など、この時代ならではの弊害が非常に多いと思います。音楽の基本はやはり生で音と空気を感じること。テクノロジーが進んでも、ネットを見ていて上手になるという簡単な方法は生まれないでしょう。

 

レッスンについて詳しくはここをClick